格安スマホの仕組みと使い方

格安スマホの仕組みと使い方

格安スマホ

 

数年前に格安スマートフォンが販売されてから携帯電話業界は徐々に自由化してきています。しかし、格安スマホという言葉が出てくる前から同じような携帯電話端末は存在していたことは知っているでしょうか。

国内大手携帯通信会社の三社は日本国民なら誰しも知っていることと思います。

 

ほとんどの人はこの三社のうちどこかで携帯電話端末と月々の回線契約を結んでいます。

 

ここからはまず携帯電話端末と月々の回線使用費(通信費)を分けて考えてください。上記三社では携帯電話端末の代金と通信費を簡単に言うとセットにしてお得感をだしていました。その為この売り方が主流になり、私たち使用者側はそれが当たり前で仕組みもあやふやな理解のままここまで来てしまいました。

 

日本以外では当たり前ですが、携帯電話端末と通信費(SIMカード)は手軽に自由に選べるものなのです。

 

携帯電話端末はいたるところで手に入れることができます。大手携帯電話のショップはもちろん、インターネットショッピング、リサイクルショップ、家族や友人からのおさがりでもいいですね。通信回線を手に入れるのも簡単です。

 

ひと昔前までは大手三社のSIMカードしか使えなかったため、使い勝手が悪く値段もものによっては高くなりました。しかし今の時代、コンビニや電気屋などで簡単にSIMカードは手に入ります。
携帯電話端末とSIMカード、自分でカスタマイズして思いっきり値段を安くすることもできるのです。